切らない包茎手術に関しての特徴とは

トップページ
お気に入りに追加
  

切らない包茎手術に関しての特徴とは

包茎手術と言うとメスで皮を切り取る印象がありますが、切らずに治療出来るタイプの包茎手術もあります。

しかし、切らない包茎を適用出来るのは、軽度の仮性包茎の方だけであり、真性包茎やカントン包茎のように保険適用の手術可能な包茎では対応出来ませんし、仮性包茎でも重度の場合は切らない手術では対応出来ません。

 

切らない手術の場合は5分から10分程度で行えるようになっており、入院も不要で行える手術になります。

切らない包茎手術のメリットはリスクが切るタイプよりも少なく患者への負担も小さい事が挙がりますし、通常の包茎手術でも現在では医療技術の進化で仕上がりも良く、安全性も高いですがリスクが無いわけではありません。

 

包茎の程度によって適用可能かどうかが違いますから、気になる方は医師の元にカウンセリングに行って判断してもらう事が望ましいです。

素人の判断ではなく専門家の目で見てどうした手術が必要になるか指導してもらうと安心ですし、こうしたカウンセリングは無料で行えますから、まずは無料カウンセリングを受けると良いでしょう。

 

切らない包茎手術のパターンとしては医療用に活用する糸を使うものや、亀頭増大で皮余りを無くすもの、特殊な接着剤等を使うタイプといろいろとあります。

最も適した方法を選択して、医師に解らない事は相談したり、ネット等で体験談の情報を集める等して、クリニックを選択して手術を行うと良いです。