包茎は包皮を切らないでも治せるって知ってますか?

トップページ
お気に入りに追加
  

包茎は包皮を切らないでも治せるって知ってますか?

包茎を治して露茎にしたい場合、亀頭を覆っている包皮を切除する包茎手術が一般的ですが、医療技術の進歩によって包皮を切除しなくても包茎を治す事が可能になりました。

その方法が、切らない包茎治療で名前の通り、包皮を切らずに包茎を治す事が出来ます。

 

どのようにして包皮を切らずに包茎を治すのかと言うと、二重まぶたプチ整形の技術を応用した方法や、医療用の接着剤を使って露茎になるよう固定させる方法があります。

二重まぶたプチ整形の技術を応用した方法の場合、ハリと糸を使って余った包皮を縫うことになりますが、医療用の接着剤を使う方法の場合、ハリも糸も必要ないので、痛みの心配がありません。

 

包皮を切除する方法の場合、包皮を切除する際に、その周辺の神経を傷つけてしまって、その結果、不感症になってしまうケースもあります。

切らない方法の場合は、その心配もありませんし、切開しないのでダウンタイムもほとんどないか、数日程度で済みます。

 

治療に掛かる時間も短く1時間程度あれば、切らない包茎治療が完了します。

切らないので痛みもなく不感症になる心配もないのですが、切らないことによるデメリットもあります。

 

糸や医療用接着剤を使って包茎が露茎になるよう癖付けする方法ですから、その癖が取れてしまった場合は、元に戻ってしまいます。

 

このようなデメリットも考えられますが、切らない包茎治療で有名な本田ヒルズタワークリニックや、東京ノーストクリニックのような、切らない包茎治療の施術実績が多い医療機関であれば、切らない包茎治療のデメリットを感じさせない治療を行ってくれます。