遅漏を治すためのオナニー対策

トップページ
お気に入りに追加
  

遅漏を治すためのオナニー対策

遅漏の原因のひとつにオナニーの遣りすぎやオナニーの遣り方の問題があるので、オナニーの遣り方やオナニーの回数を変えることで、遅漏を治すことが可能となります。

 

通常精子は毎日作られていて精巣に溜まっていきますが、2・3日で満杯になるので、例えば3日に1回オナニーを行なうことは問題ないですが、もっと短い間隔や回数を多く行なっている人は、3日に一回か1週間に2回程度行なうようにすると遅漏を治す可能性が出て来ます。

 

そして、オナニーの回数は3日に1回だけれど遅漏だという場合は、軽いオナ禁を行なうことがお勧めとなります。

1週間ほどオナ禁を行なう事で、男性ホルモンのテストステロンの濃度が最も濃くなるという研究結果もありますので、1週間ほどの軽いオナ金を行なう事も遅漏を治す方法になります。

 

そして、オナニーを行なう方法ですが、強く握り締めて行なっている人は、女性による締め付けよりも握力が強い場合があり、そのような場合は女性とでは快感が弱くなってしまい、遅漏傾向になってしまうこともあります。

 

そのような場合はオナホールなどを利用して、少しの握力で快感が得られる工夫をしてオナニーをすると遅漏を治す可能性が高まります。

 

そして、オナニーを行なっている最中は、単に陰茎に得られる物理的な快感だけを求めるのではなく、イメージを膨らませていくことで快感を増幅させることも出来るので、AVを見ながらとか官能小説を読みながらなどでオナニーを行なっていくことも、遅漏を治す対策に繋がっていきます。